Pro版およびBusiness版では、フォームに「隠しフィールド(hidden)」を設定可能です。


隠しフィールドは、設定してもフォームでは項目が表示されません。

また、通常は管理者宛メールや自動返信メールにも記載されないため、

フォーム閲覧者が隠しフィールドが設置されていることに気付くことはありません。


隠しフィールドは、フォームにURLパラメータで初期入力値を設定する機能と

併せてご利用いただくことを想定した項目です。


URLパラメータでフォームの初期値を設定できますか?


例えば、フォームへの流入経路を特定したい場合や、フォームの投稿者ごとに

異なるIDを送信させたい場合などに、URLパラメータにそのことを識別可能な値を

設定し、隠しフィールドの初期入力値とすることで、閲覧者ごとに

異なる値を送信内容に含めて投稿させることが可能です。

また、値を投稿前に書き換えられてしまうという心配もありません。


なお、管理者宛メールや自動返信メールに隠しフィールドの値を

記載したい場合は、文面に置換文字列として挿入することで記載することができます。

管理者宛メールの文面をカスタマイズしたい



※フォームの「ページのソースを表示」等の操作をすることで、フォーム閲覧者は隠しフィールドが設定されていることを確認できます。確実に秘匿できる情報ではありません。



具体的な使用例



①フォームに「クーポン番号」という隠しフィールドを設定します。



②フォームにURLパラメータとして「クーポン番号[0]=00456」を付与してアクセスします。

例)

https://pro.form-mailer.jp/fms/XXXXXXXXXXXXX?クーポン番号[0]=00456



③フォームには隠しフィールドは表示されません。


④確認画面にも隠しフィールドは表示されません。


⑤そのまま投稿すると、回答データには隠しフィールドの値が反映されています