データレイヤー変数は、ページに表示された情報やデータなどをGoogleタグマネージャーに渡せる変数(データ)です。


フォームメーラーでデータレイヤー変数を使用すれば、フォームの送信を完了したタイミングで、

投稿内容をGoogleタグマネージャーに受け渡すことができます。


例えば、フォームへの投稿を成果として計測しているコンバージョンタグに、

注文された合計金額を渡すことで、より詳細な成果の集計などが可能となります。


■データレイヤー変数を使用するには


データレイヤー変数を使用するには、管理画面の「トラッキングタグ設定」より

 「Googleタグマネージャのコンテナ設定」を「利用する」にしてコンテナIDを入力後、設定を保存してください。


これにより、Googleタグマネージャにデータレイヤー変数が送信されます。

※Googleタグマネージャで送信されたデータレイヤー変数を使用するためには、Googleタグマネージャの

ワークスペース(管理画面)で変数の設定を行う必要があります。





■データレイヤー変数としてGoogleタグマネージャに受け渡される情報


Googleタグマネージャ側で変数として取り出すにはフォームの「項目名」を変数名としてください。


項目名を指定して取り出せる変数以外では、下記の2つの変数が受け渡しされています。


・フォームから投稿された投稿ID「formMailerId」

・注文フォームで購入した総額「formMailerTotalPrice」

・注文フォームで購入した商品の変数名「商品名」



また、投稿されたデータが全てGoogleタグマネージャで使用できるわけではありません。


Googleタグマネージャに受け渡しできない情報

・マトリックスリスト

・テキストエリア

・チェックボックス



■値の確認例


以下のようなフォームにGoogleタグマネージャを設定します。


Googleタグマネージャのワークスペースにログインし、画面右上の「プレビュー」ボタンをクリック


ウィンドウでフォームのURLを設定して「connect」をクリックします。

別タブでフォームが表示されますが、いったんワークスペースに戻ります。



「Connected!」と表示されたら「Continue」。

これでプレビューモードが開始されました。


DataLayerタブがあります。フォームから画面遷移するごとにGoogleタグマネージャに渡される変数を確認できます。


フォームから投稿を完了した完了画面ではこのような情報が表示されました。



データレイヤーに格納され、Googleタグマネージャに受け渡されたデータをどう使用するかは

下記ページの「データレイヤー変数を設定する」項目をご確認ください。

https://support.google.com/tagmanager/answer/6164391?hl=ja